FOMCまもなく

スポンサーリンク



いよいよ、米連邦準備制度理事会(FRB)が13、14の両日、

金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)を開きます。

政策金利を0.25%引き上げると思われます。

理由は失業率の低下、緩やかとは言えども景気拡大が続いている為です。

日本時間15日未明に結果が発表されます。

日本の景気が良くなっているとは言い難いので、

参考になるか分かりませんが、

量的緩和の出口政策としてしっかりと見ておく必要があると思います。

 

 

 
スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です