おれんじ食堂列車 お土産・料理が沢山

今回はおれんじ食堂列車のご紹介です。

おれんじ食堂とは、第3セクターである肥薩おれんじ鉄道が

提供する観光列車です。

海岸線沿いを走る同路線を走りながら、

停車駅で名物のお土産を受け取ったり、

車内で提供される食事を楽しんだりすることが出来ます。

そして、海岸線沿いを走るということで

八代海や東シナ海といった綺麗な海と景色を

楽しむことが出来ます。

スポンサーリンク




そして、料理も地元食材をふんだんに使い、

沿線のレストランと協力して作り上げている

地元密着の観光列車です。

さらに車両は、JR九州の観光列車を手掛けている

ドーンデザイン研究所の水戸岡鋭治さんがデザインされています。

 

今回乗車したスペシャルランチの料理です。

 

オードブル

東シナ海産キビナゴの酢漬け 自家製豚肉の田舎風テリーヌ

東シナ海産タカエビのコロッケ 金柑の甘煮 チーズとオレンジ

 

地元食材がふんだんに使われており、

どれも美味しかったです。

 

パンと魚料理

鹿児島産天然鯛の白ワイン蒸し

アサリとブロッコリーソース

ブロッコリーソースってどんなのかなと思いましたが、

ブロッコリーソースって言われなければ気づかないかも。

 

豚肉料理

自家製黒豚のローストポーク

ジャポネソース

ジャポネソースとお肉があっておいしかったです。

ジャポネソースうまし!

 

小さなお茶漬け

ちりめんと山椒

写真撮ってませんでしたー(´Д⊂ヽ

 

デザート

チーズケーキ フルーツ

おしゃれなコーヒーカップでコーヒーを飲みながらデザートです。

 

続いてお土産です。

 

まずは第20回全国菓子大博覧会高松宮名誉総裁賞受賞を受賞した

彦一もなかを頂きました。

お茶とあってホッとします(笑)

 

続いて、日奈久ちくわです。

八代海でとれる新鮮な魚をふんだんに使って焼き上げたちくわです。

うん、美味い。

 

そして、い草コースター。

名物のい草を使ったコースターです。

 

そんで、カレーパンと甘夏サーターアンダギーです。

ごろごろとしたお肉が入っており

とても美味しかったです。

 

さらにさらにスイートスプリングです。

見た目酸っぱいのかなーって思って飲んだら、

甘くてびっくり。

これも美味しい。

 

キーホルダーももらえました。

5周年記念だそうです。

 

他にも天然水のペットボトルやマドレーヌなど他にもたくさんの

お土産がもらえます。

 

美味しい料理とたくさんのお土産がもらえて、

さらに景色もいいのでとても良い旅行になると思います。

私も初めて乗りましたが、とても満足です。

 

他にも写真をとったのでまた別の機会にのせたいと思います。

スポンサーリンク




 

おれんじ食堂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です