炊飯器故障という緊急事態

現代社会において、家電は欠かせないものになっていると思います。

冷蔵庫がなければすぐに冷えた美味しいドリンクは飲めないし、

テレビがなければドラマやニュースといったテレビ放送は見れないし、

PCがなければインターネットを見れず情報の検索もできません。

家電はまさに突然壊れると困るもの。

そんな中、炊飯器が突如として壊れました。

ボタンを扱っても何も変化なし。

お米が炊けないじゃないか(怒)

うーん、どうしよ…

米なしで行くか…

しかし、おかずだけはちょっときつい。

仕方ないので鍋で炊くことにしました。

うーん、鍋でご飯を炊くのはめんどくさい。

炊飯器ってやっぱ便利だ(´Д⊂ヽ

ボタンを押すだけであとはほったらかしとくだけで良い。

文明の利器はすごいです。

炊飯器が壊れたということでサポートセンターへ修理に出すことにしました。

代替品を用意してくれたので助かりました。

何日か経ってサポートセンターから電話が来て、修理代が約2万円するとのこと。

高いなぁ…(´Д⊂ヽ

まだ2、3年しか使ってないのに痛い出費です。

使い方が悪いということではないということでしたが、

それじゃ、2、3年毎に壊れる可能性があるということ?

うーん、それはちょっといただけない。

しかしながら、どうしようもないので次すぐに壊れたらメーカーを変えるかもしれません。

とりあえずお近くのサポートセンターは知っておくべきだと

今回のことで感じました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です