全豪オープン決勝 男子

27日にメルボルン・パークで全豪オープン男子準決勝が行われました。

第9シードのラファエル・ナダル(スペイン)選手が

第15シードのグリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)選手に

6-3、5-7、7-6、6-7、6-4で競り勝ちました。

この試合の結果、ナダル選手は三年ぶりの決勝進出を決めています。

決勝は、ラファエル・ナダル選手対

元世界ランキング1位で第17シードのロジャー・フェデラー(スイス)選手に決定です。

なんだか懐かしい顔ぶれだなー。凄い楽しみですね。

フェデラー選手が四大大会で決勝に進出するのは、

2015年の全米オープン以来です。

これまでの四大大会では、フェデラー選手は歴代最多の17勝をあげています。

対するナダル選手も負けず劣らずの結果をこれまでにも残してきています。

ナダル選手とフェデラー選手が四大大会決勝で激突するのはとても久しぶりなんですね。

11年全仏オープン以来の戦いです。

いやー、何度も言うけどとても久しぶりなのでわくわくしますね。

元世界ランキング1位同士の元世界王者同士の戦いです…

どちらが勝つか予想できない難しい試合になりそう。

どちらも好きな選手なので、どちらが勝っても私としては嬉しいです。

さてさてどうなることやら…

気になる試合は明日29日です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です